戻る

「サイバーパンク2077」E3 2018 トレーラーツアー :エピソード7



義手や義足などのサイバネティクス技術はもともと医療などの実用的な用途で開発されたものであったが、今やそれは日常生活における選択肢の一部と化した。2077年におけるサイバーウェアは、タトゥーやアクセサリー同様にありふれたものとして人々の間に普及している。導入の理由は単なる技術的なアップグレードから戦闘能力の強化、はたまたファッションとしての用途まで様々だ。この街で文化的な地位を得たいのであれば、最新のサイバーウェアの所有は不可欠だろう。ナイトシティでは個性にこそ価値がある。成功者となるためには、まずは見た目から入ることだ。そう、ここではスタイルがすべてなのだから。



RealSkinnテクノロジー ― サイバネティクスのインプラントを覆い隠すために開発された人工皮膚

何かを変更したわけではありませんが、このウェブサイトでクッキーを利用していることをご利用者様に告知する義務が生じたため、告知させていただきます。

クッキーについて

このバナーを二度と表示しない