戻る

「サイバーパンク2077」E3 2018 トレーラーツアー :エピソード2

2077年、人々の生活はドローンやロボット工学に頼りきっている。それは録画や中継が可能な撮影ドローンから始まり、倉庫整理用の巨大ロボットや、スパーリング用ロボットにまで及ぶ。窓から外を眺めれば、巨大な自動ゴミ収集車やお掃除ロボットが毎日のように目に入る(窓がある家に住んでいれば、の話だが)。企業の量産型ロボットであれ、スクラップを組み直したポンコツであれ、ロボット工学が経済面のみならず、人々の暮らしにも大きく貢献していることは間違いない。



実際、地下鉄やバスなどのほとんどの公共交通車両は自動運転で制御されている。それらの乗り物は自立しているといっても過言ではなく、お互いに連携を取り合い、さらなる効率化のため自己学習を行うのだ。

何かを変更したわけではありませんが、このウェブサイトでクッキーを利用していることをご利用者様に告知する義務が生じたため、告知させていただきます。

クッキーについて

このバナーを二度と表示しない